癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

今日は何の日シリーズ!

新潟市万代にある経絡治療専門治療院 癒絡堂です。

さて、今日は何の日シリーズ。10月26日は、柿の日だそうです。

なぜ、10月26日か、っていうと、正岡子規が奈良で「柿食べば鐘が鳴るなり法隆寺」と詠んだことにちなんで、この日になったそうです。

柿の時期ですよね。
柿は、ビタミンCとβ―カロチンが豊富にあり、抗酸化作用があります。
東洋医学的には、「寒性」といって、身体を冷やす作用があります。効能としては、のぼせのある人や高血圧の人や微熱のある方や、喉の渇きに良いそうです。

当然、控えた方が良い人もいます。小児、老人、妊婦さんですね。あと冷え症の人も避けた方が良いです。美味しい物でも食べ過ぎは良くありません。

柿

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)