癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

食材シリーズ

新潟市万代 鍼灸治療院 癒絡堂です。

今日は生姜について、話したいと思います。

よく、生姜は身体が温まるとか言われますね。

西洋医学的な効能では、
・発汗解熱作用
・抗酸化作用・抗菌作用
・心臓や呼吸・血管運動を興奮させる作用

東洋医学的には、
・寒気を身体から追い払って、風邪に効果的。
・胃腸を温める作用があり、嘔吐に効果的。
・肺の機能を高める作用があり、咳に効果的。

東洋医学の五味でいうと、「辛」。
これは五臓との関係では、「肺」となります。

よくお寿司や煮物に生姜が、付けあわされていますね。
これは、主食となる食材が、冷えを伴う性質だからです。

つまり、胃腸を冷えから守るためにも大変優れています。

見た目も良いし、きちんと身体の事を考えての食材。

ちょっと風邪気味の人は、今日の夕飯には。

生姜を取り入れた食べ物を食してはいかがですか?

 

生姜

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)