癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

生理痛がひどいんです・・・

新潟市万代 鍼灸治療院 癒絡堂です。

先日、こんな質問をされました。「先生、生理痛が酷くて薬を飲んでいるんですが、一向に良くならないんですけど、鍼灸って効果ありますか?」という切実な内容の質問がありました。

生理痛

鍼灸は、肩こりとか腰痛だけでなく、生理痛などの婦人科疾患、不妊治療などにも効果があります。体質改善を目的に受診していただければ、良い方向に向かうことが出来ます。

生理痛に処方されているのは、鎮痛剤?
皆さんは、生理痛の時の対処はどのようなことをされていますか?

病院で、鎮痛剤を処方されていませんか?

実は、この鎮痛剤は、痛みをどんどん酷くしていることにお気づきでしょうか。

痛みを止めるには、鎮痛剤ですが、生理痛というのはちょっと普通の痛みとは別に考えた方が良いと思います。

対策は、薬を止めるか減らすことです。

生理痛の時期によって起こる不調と原因
生理前
生理の1~2週間前から生理が始まるまであらわれる症状のことを「月経前症候群(PMS)」と呼ばれています。

排卵後に、女性ホルモンの一つである黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が急激に増加します。そして、受精卵が着床しないで生理が起こると分泌量は一気に減ります。このホルモンの大きな変化によって、自律神経がバランスをくずし、頭痛・胃痛・イライラなどの不調が起きていきます。その他、だるさや下半身のむくみも起きてきます。

生理前半
生理直前から前半までは、プロスタグランジンという物質(ホルモンに似た物質になります。)が急激に増加します。プロスタグランジンは、子宮の収縮を促して生理の経血を体の外へ排出する役割があります。

プロスタグランジンの量が多すぎると子宮の収縮が強くなり、キリキリとした痛みが出てきます。また、血管も収縮させる作用もあるので、冷えやだるさなども強くなります。腰痛も出てきます。

さらに、胃腸にも影響を与えるんです。この物質。吐き気や下痢の原因は、この物質の仕業かも。

生理後半
血液の流れが滞って、骨盤内の血液の流れが悪くなり、下腹部の鈍痛・腰の重だるさ感覚が起きてきます。当然、冷え、むくみは強くなります。血液の流れが滞ることを「うっ血」と呼びます。

鎮痛剤、ピルに頼らない。
先ほど書いたように、生理痛の原因というのは、ホルモンやそのたの物質によって、子宮内部を次の機会のための良い環境にするために、「炎症」という整理整頓されているのですね。

炎症というのは、当然痛みを伴います。さらに他の症状も出てきます。

「炎症」という整理整頓業者に、「鎮痛剤」という別の業者がやってきて、整理整頓を止めてしまいます。次の排卵の時には、良い環境ではない状況になり、着所しなれば体は余計に「炎症」という作業で行われます。最初より更に生理痛は重くなってきますよね。それが更に悪化していくことになってきます。悪循環しているわけですね。

「鎮痛剤」というのは、別名「抗炎症剤」といって、炎症を抑える役目があるのです。

それでは、鍼灸ではどのようなことをするのか。
ホルモンバランスを崩れていますので、まずはバランスを整えることが大切です。整えることによって、大きな変化が正常な変化になることによって、症状は緩和されます。

血液の流れも悪くなっており、冷えも強くなる傾向がありますので、冷えを緩和する治療を行います。冷えの改善には定期な治療が必要ですので、定期的な通院と自己アフターケアで改善を目指していきます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)