癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

眠れない原因に足りないのは、〇〇だった!

新潟市万代 鍼灸治療院 癒絡堂です。

不定愁訴という言葉をご存知ですか?

不定愁訴とは、「頭が重い」とか「だるい」とか「イライラする」とか「よく眠れない」など、何か調子が悪いなという自覚症状があるが、検査をしたけれど原因となる病気が見つからない状態のことをいいます。

実は、不定愁訴がある人の3人に1人は、ビタミン不足によるものだと言われています。

しかし、現在の日本は食生活は豊かになり、例えば冬でもスイカが食べられるなど、ビタミン不足というのはちょっとピンときませんよね。

そこで、ビタミン不足と不定愁訴の関係にお話します。

ビタミン
まずビタミンとは、生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)以外の有機化合物をいいます。

ビタミンの機能としては、生体内で酵素が活動を発揮するために必要な補酵素として役立ちます。つまり欠乏すると、酵素の働き・代謝が低下して、病気や成長障害などが起こります。

ビタミンの種類は、
・ビタミンA
・β-カロテン当量
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンK
・ビタミンC
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ナイアシン
・パントテン酸
・葉酸
・ピオチン
があります。

その中でも不足しやすいのが、ビタミンB群といわれています。

ビタミンB群は、代謝ビタミンといわれ、人が生きるための源であるエネルギーを作るのに欠かせないものです。

糖質や資質をエネルギーに変えるために作用したり、タンパク質の合成を助ける作用したり、神経細胞の伝達にも関与します。

ビタミンB群は、お互いで関係しあって働くという性質を持ちます。
そして、それぞれ働きもあります。

〇ビタミンB1
糖質をエネルギーに変える、アルコールの代謝、脳・神経の働きに関係する

〇ビタミンB2
脂質をエネルギーに変える、過酸化脂質・脳と肝臓の働き・皮膚と粘膜の代謝に関係する

〇ビタミンB6
タンパク質の合成や造血に関係する、脂質の抗酸化に働く、神経伝達物質生成や抗アレルギー作用に関係する、脳の働きにも関係する

〇ビタミンB12と葉酸
タンパク質の代謝、核酸の合成に関係する、ヘモグロビン、赤血球の合成造血作用に関係する、神経を守って、正常な働きを助ける、脳の発育に関係する

〇ナイアシン(ビタミンB3)
エネルギー作って、脂質や糖質の分解に関係する、皮膚・粘膜の炎症、神経症状を防ぐ

〇パントテン酸(ビタミン5)
脂質・糖質・タンパク質の代謝、皮膚・毛根に栄養を与える、副腎皮質・神経機能を正常に保つ

〇ピチオン
筋肉痛の緩和、皮膚の保湿、白髪・薄毛を予防する

といった働きがあり、不足すると、さまざまな症状が起きる可能性があります。
大雑把に表すと、

疲労、食欲不振、下痢、便秘、胃腸障害、吐き気、嘔吐、記憶力減退、集中力低下、異常興奮、学習能力の低下、無気力、うつ、幻覚症状、不安、イライラ、精神障害、動悸、貧血、悪性貧血、神経炎、脚気、アルコール中毒、肝機能低下、インスリンの分泌低下、アミノ酸吸収低下、口内炎、口角炎、舌炎、舌の異常、虫歯、皮膚・粘膜の炎症、めまい、頭痛、性腺機能低下、手足の麻痺・けいれん、皮膚炎、皮膚のかゆみ、浮腫性湿疹、神経系の障害、胎児・乳幼児の成長不良、脱毛、白髪、肌のむくみ、筋肉痛、肩こり

など多くの症状が現れてきます。

しかし、症状がビタミン不足によって起こっているとは考えませんよね。

ビタミンB群を上手く摂取することによって、意外に症状は緩和することがあるのです。

なぜ、現代はビタミンB群が不足しやすいのでしょうか。
食品の変化
現在は、精製・加工・保存のものが増え、それによってビタミンB群が減ってきています。

B群を消費する機会が増えている
ストレスや過度のアルコール摂取、妊娠、授乳、加齢、過食などはビタミンB群を消費します。あと、精製された白い食べ物も消費する一つです。

抗生物質を長い間服用していると・・・
これは意外と知られていませんが、抗生物質を長い間服用している人は、腸内の細菌バランスが乱れてしまい、ビタミンB6などの合成量が少なくなっています。
これは、腸内細菌がビタミンB群をつくってくれているからです。

ビタミンB群を多く含む食品
〇ビタミンB1
豚ひれ肉、ウナギ、玄米

〇ビタミンB2
豚レバー、ウナギ、納豆

〇ビタミンB6
牛レバー、サンマ、マグロ

〇ビタミンB12
牛レバー、アサリ

〇ナイアシン(ビタミンB3)
豚レバー、カツオ、ビーナッツ

〇葉酸
鶏レバー、枝豆、菜の花

どうですか?

全部苦手という方もいるかもしれません。

もし苦手で取れないという方は、サプリメントをおススメします。

ただ、日本製よりも海外のもの方が良いそうです。

60粒入りで、1,000円ちょっとですので、やや高めかもしれませんが、きちんとしたビタミンを補充するなら海外のものを使用されると良いでしょう。

サプリメント

意外に悩んでいる症状でも、栄養素を補充することによって、症状は緩和することもありますので、栄養素についても少し考えてみてはいかがでしょうか。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)