癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

はりきゅうで、月経周期調節できる?

新潟市万代 鍼灸治療院 癒絡堂です。

妊娠力

古くからはりきゅうや漢方で不妊治療が行われていたってご存知でしたか?

ちょっと昔に、中国では「周期調節法」という不妊治療法が発表されました。

周期調節法」というのは、女性の初潮から閉経まで、

月経期
低温期
排卵期
高温期

の4つの月経周期を繰り返します。

この周期に合わせて、

はりきゅう治療を行うことで、

妊娠力を上がらせる方法です。

はりきゅうだけでなく、漢方も同様です。

 

〇はりきゅう治療のアプローチ

月経期
不要になった子宮内膜と月経血をスムーズに排出させるために、子宮筋や血管に働きかけて、子宮内部をきれいにお掃除をします。赤ちゃんが宿ってくれる部屋をきれいにしておきたいですよね。

低温期
女性ホルモンの分泌を促進させて、質のいい卵を育てて、卵を迎えるために新しい子宮内膜を増やす(A新しいベッドづくり)。

排卵期
ホルモン分泌を良くして、スムーズな排卵を助けながら、部屋(子宮)を温めて着床の準備をします。

高温期
黄体ホルモンの分泌を高めて、部屋(子宮)は温かくして、栄養も豊富に供給できて、快適なお部屋で赤ちゃんを育てる。

周期調節法」は、経絡治療に非常に似ていると思います。

経絡治療は、自然治癒力を高める治療法といっていますが、身体のリズムを整えていきますので、

自然妊娠、

受精卵の着床率、

体外受精の成功率、

を高めることが出来ますので、西洋医学と併用することは非常に大きなメリットになります。

もし、あなたの月経周期が不安定という方は、

周期調節法という方法で、

月経周期を安定させて、

妊娠に適した体のサイクルを作ってみませんか。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)