癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

頭痛には、はりの方が有効と医学的研究発表

新潟市万代 鍼灸治療院 癒絡堂 院長の佐藤 です。

 

2,3年前に、こんな記事を見つけました。

 

慢性の頭痛、はり治療が薬より有効=米研究

 

という内容。

頭痛

 

慢性的な頭痛の軽減に、アスピリンなどの薬よりもはり治療が効くという調査結果が雑誌に発表されたそうです。

片頭痛や緊張性頭痛など慢性の頭痛患者約4000人が対象となった複数の研究を再調査したところ、はり治療を受けた患者では62%に改善が見られたのに対し、薬の服用では45%だった。
また、実際のはり治療では53%に改善が見られたが、医療対象とならない位置にはりをうつ偽の治療では45%だった。効果が現れるには平均で5―6回の治療が必要だった。

 

という内容です。

 

これを要約すると、

 

「薬での鎮痛」で治らなかった人が42%で、

 

「はり治療」でその後にすっかり治ったのが62%ということになります。

 

そのあとの文章はちょっとよく調べない分かりませんが。

 

それでは、薬とはりどちらが良いか・・・

 

これは一概には言えません。

 

はりについてお話しするなら、

 

一番は、現行の法律の下では頭痛に鍼治療が適応出ないことになっています。

 

もう一つ、治療家の技術レベルに左右されるということです。

 

今年、国家試験を合格した人と、鍼灸30年一筋10万人の患者さんを診ている方では、技術レベルは全然違いますよね。

 

料金面で考えるなら、

頭痛薬1錠と治療費では、

 

治療費は高額となります。

 

効果が出てくるまで平均5~6回くらいかかったということです。

 

個人差によりますが、痛み自体は1回の治療でほとんど感じなくなる、なくなることがほとんどです。

 

頭痛が出なくなる、治るまでにはやはり回数を重ねないといけません。

 

やはり、このニュースにあるとおり、5~6回くらいはかかります。

 

頭痛にもいろいろなパターンがありますので、

 

当院では対応しかねない場合は、

 

医療機関の受診をお願いします。

 

頭痛という症状で悩んでる方がとても多い病気です。

 

あなたにとってどういう治療方向が良いのか、ぜひご検討してみてはいかがですか

 

 

*当院では、

〇短時間・安い料金が良い 
  1錠30円

〇将来を考えて、頭痛に悩まれることのない体づくり、貯まっていく薬代
  1錠30円 毎月服用(×12ヶ月) 20年  
    =7200円(毎回2錠というのが多いですよね。)
  治療費(4000円)×5~6回
    =20,000~24,000円

どちらを選択するのは、あなたの意思です。

将来の不安を抱えて、はり治療を選択されている方がとても多いです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)