癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

花粉症は完治できる!!

新潟市万代 鍼灸治療院 癒絡堂 院長の佐藤 です。

 

春らしくなってきたと思ったら、周りはマスクをしている人が多く見られますね。

花粉症

 

 

先日バスに乗ったのですが。

 

先頭の方に花粉症の方なのでしょうね、マスクをした方がいたのですが、くしゃみと咳をひどくされていました。

 

バスの中は結構混んでいたのですが、先頭の方には誰も向かいませんでした。後ろの方にぎゅーぎゅー詰めになりながら走行していました。

 

 

花粉症の方が悪いということではなく、やはり治療しなければいけない現代病であるということです。

 

現在は対症療法ですよね。

 

薬を服用して、マスクしてですよ、症状はいかがですか?

 

 

マスコミというか、お神様もスギ花粉飛散状況と称して、スギ花粉に責任転嫁していますよね。

 

さて、昔は花粉症ってあったかというと、今の時代ほど無かったと思います。

 

けれど、そこを問題視することはないんですよね。

 

忖度なんでしょう。

 

現在、根本的な体質改善を目指す治療として、「舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法)」という根治療法があるそうです。

 

詳しくは、

https://tenki.jp/suppl/tenkijp_pr/2018/01/16/27751.html

をご覧ください。

 

ここにも、書いているのですが、

 

生活習慣や食生活を変えることなんです。

 

花粉症は完治しないのではなく、努力が足りないだけなのです。

 

自分で諦めているのではないですか?

 

花粉症になってしまった・・・一生付き合っていかないといけない。

 

よく耳にするのは、このシーズンを乗り切りましょう。という言葉を。

 

このシーズンは毎日のように聞きます。テレビやラジオで。

 

花粉症についてブログで書いておりますので、こちらもご覧ください。

花粉症シーズンの前に

花粉症は、体質改善で治る!

花粉症は、食べ物で改善できる?

 

花粉症は、鍼灸の適応症状だと思います。

 

しかし、症状によっては中々改善が見込まれないこともございます。

 

当院では、症状について詳しく観察をしまして、適応なのか判断いたします。

 

根治療法も行いますが、対症療法(標治法)も行います。

 

確かに対症療法(標治法)は、その場で鼻が通ったりすることがございます。

 

しかし、原因は他にありますので、そちらも治療しなければなりません。
冷えやのぼせがある場合や、気が滞っている場合等々がありますので、それぞれに合った治療法を選択しなければなりません。

 

蓄膿症の場合も一緒です。花粉症と同じような治療法になります。

 

こちらもやはり継続していくことで改善されます。

 

酷くなれば、外科手術という選択になりますので、早めの治療が必要となります。

 

花粉症シーズンを乗り切りましょう!という言葉にだまされずに、治療を開始しましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)