癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

花粉症の治療・・・はりの効果

新潟市万代 鍼灸治療院 癒絡堂 院長の佐藤 です。

 

継続的に通院されている患者さんなのですが、最初の問診時にお聞きしてなかったのですが、

 

マスクをしていましたので、

 

花粉症ですか?

 

とお聞きしたら、花粉症ですとのことでした。

花粉症1

 

今年の花粉症は、鼻だけでなく眼も痒いと訴えられる方が多く見られますね。

 

花粉症とお聞きして、治療方針は変えませんが。

 

問診と診察をしましたが、前回と治療方針は変わりありません。

 

花粉症の症状は、アレルギーではなく、食生活から来るものだと判断しました。

 

問診では聞く限りは、食生活に問題ないような感じでしたが。

 

高カロリー摂取しているのかもしれませんね。

 

なぜ高カロリーががいけないのか。

 

身体が燃焼できない熱が上半身特に鼻に持ってしまい、熱によって鼻は乾燥します

 

身体の作用として、鼻に熱を持てば、熱を冷やそうと鼻水が出てきます。

 

これは蓄膿症も原因は一緒です。

 

ここで問題は、鼻水の力が熱を取るぐらいの力があれば、鼻は詰まることはないのです。

 

しかし、熱の方が勝っちゃうんです。

 

つまり、熱を取ってあげれば良いのです。

 

治療内容を少しお話します。

前回と同じ「証」(東洋医学でいう治療方針です)と判断し、ツボを変えてみることにしました。

 

足のツボに、はりをしたのですが、直後にさっきまで鼻をすすっていた患者さんの鼻が通ったのです。

 

一時的かもしれませんし、そのあとに所定のツボに鍼を2か所したのですが、この時にはもう詰まっている感じはしていませんでしたし、眼の痒みも聞いてみましたが今は痒みを感じないとのことでした。

 

当院では、このあとに「奇経治療」というのをするのですが、手足にPM板を貼付して、首や腰に鍼をしました。

 

花粉症ということなので、顔にも鍼をしました。はり数が多くなってしまうので、2ヶ所に鍼をして終了しました。この2ヶ所の1つは鍼を入れるのが難しいんですよ。

 

それもなるべく角度を低くして入れなければいけませんので、注意が必要なのです。大体1cmくらい入れる感じです。

 

 

 

花粉症や蓄膿症や鼻炎などは、同じような鼻詰まりなどと症状は一緒なのですが、鼻詰まりの原因にはタイプがあるのです。

 

それによって治療方法は変わって来ます。

 

今回の場合は、熱を取ってあげるという患者様の例でしたが、この場合は、ちょっと時間がかかります。

 

高カロリー生活を見直すのと、熱を取ることが出来るならば、改善してきます。

 

鍼灸というのは、原因を取り除いていくということに適した治療法です。

 

今回は、治療室での出来事を書きましたが、時々臨床についても書いていきたいと思います。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)