癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

ヒノキ花粉の時期には、はりきゅうで!

新潟市万代 はり・きゅう・小児はり 癒絡堂(ゆうらくどう) 院長の佐藤 です。

 

花粉症には、スギ花粉・ブタクサ花粉・ヒノキ花粉が代表的ですが、その他にも、シラカンバ・イネ・ヨモギなどもあり、年間を通して花粉が飛散しています。

ヒノキ花粉

 

鼻水・鼻詰まり・目のかゆみ・くしゃみと辛い症状です。

 

花粉症を治すには、体質改善しかありません。

 

鼻水・鼻詰まり・目のかゆみを軽減したいという場合には、薬やヨーグルトを食べて腸内を整えるなど、またはマッサージということもありますね。

 

確かに、ある所をマッサージすれば、鼻水・鼻詰まり・目のかゆみは軽減します

 

しかし、これにはデメリットがあるんです。きちんと捉えないと全く効果がないし、炎症をさらに悪化させてしまいます

 

きちんとポイントを捉えられる国家資格を持った人にやってもらうことをおススメします。

 

実際、そのポイントを知っている人はあまりいないと思いますが(笑)。

 

はりきゅうの話に戻ります。

以前のブログも合わせて読んでみてください。

花粉症シーズンの前に

花粉症は、体質改善で治る!

花粉症は、食べ物で改善できる?

花粉症は完治できる!!

花粉症の治療・・・はりの効果

 

 

鼻水や鼻詰まりや目のかゆみやくしゃみの症状は、上半身特に首から上の症状になっています。

 

東洋医学では、陰陽という分け方があるのですが、足は陰、頭は陽と分けています。下は陰、上は陽。お腹は陰、背中は陽と分けています。

 

つまり、花粉症の症状は、お腹側(陰)の頭の方(陽)の症状なのです。

 

上半身の特に首から上で、花粉と争っているんです。

 

身体のエネルギーが顔に集中しているんですね。

 

くしゃみ、鼻水というのは、花粉を外に排除しようとする行為です。

 

特に鼻水というのは、鼻をかんだ方が良いです。

 

鼻水をすするというのは、体内に花粉を含んだ鼻水を取り込むということです。

 

鼻水というのは、異物を体内に排出するための運び屋さんという役目と、熱を冷やすための役目もあります。

 

当然、鼻をすすって、喉から胃の方に入ることもありますが、ウイルスが全部胃に取り込まれるかと言ったら、NOですよね。

 

さきほど、争っていると書きましたが、当然争っていますので、そこには熱(エネルギー)が発生します。それによって、鼻水が出てきます。

 

以前も書きましたが、加工食品というのは、炎症物質の放出を増やすという性質を持っています。

 

つまり、鼻で炎症が起きているのです。

 

したがって、鼻に熱がこもっている状態なのです。

 

熱の特徴として、熱は上に上がっていくんです。一方、冷えというのは、下に行きます。

 

熱をこもらないような体質にしていければ、花粉症だけでなく、アレルギーも改善するんです。

 

では、はりきゅうをすると、鼻が通ったりします。目のかゆみも良くなったりします。

 

しかし、はりをしなくても、例えば,、鼻に手のひらを近づけて30秒位あてて続けても、鼻は通ります

 

これを持って、花粉症には、はりが効きますと言っても、はりの効果じゃないんです。実は。

 

はりをする時に、先生の手が顔に触れた時点で、熱を少し奪ってくれるので、鼻が通るのです。

 

このようなことを書きますと、非常識かもしれません。しかし、事実なんです。

 

では、はりが有効だというのは、体質改善を図る手段であるということです。

 

最近も自然治癒力を謳っている方もいらっしゃいますが、どう自然治癒力を高めるのでしょうか?

 

当院では、花粉症で例えるなら、

患者さまの本来持っている身体の状態を考えます。これは個人差を見極めるために重要な要素になります

 

現在の患者様の状態を観察します。これは問診と触診によって判断します

 

治療方針を決めます。これは、本来持っているお身体の状態に近づけるために、どういう風に進めていったらという計画を立てます

 

*本来持っているお身体の状態は、どこで診るのかと言いますと、患者様の体格や性格ですね。

 

治療を進めて行きますと、患者様のお身体は本来持っているお身体の状態の方へ近づいていきます。これは、脈で判断していきます。

 

ここが、当院の特徴です。

 

つまり、

 

患者様の本来持っている身体の状態を診ることが出来るんです。

ここを診ることが出来なければ、自然治癒力を高めるということは出来ません

 

つまり、花粉症の治療の仕方にも、何種類かあるんです。
すぐに治るパターン
時間がかかるパターン
治りが悪いパターン
とあるんです。

 

治りが悪いパターンは、他の治療法でやっていかなければなりません。花粉症の症状の改善は時間はかかるかもしれませんが、他の症状は治りが速いんです。

 

何度も言ってますが、急性の症状は直ぐに治りますが、慢性的なものはお時間が必要となります。ですが、良い方向には向かいますので、是非鍼灸という選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)