癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

大切なのは、〇〇を予防すること!

新潟市万代 はり・きゅう・小児はり 癒絡堂(ゆうらくどう) 院長の佐藤 です。

 

当院では、脉を診ることが一つの判断材料なのですが、そこでふと気づいたことがありましたので、ご紹介したいと思います。

 

といいますか、今回気付いたことを未然に防げたら、色々な症状というのは出てこないのか?とも思ったりします。

 

これを言ってしまうと、仕事が無くなってしまうかもしれませんが、たかが〇〇かもしれませんが、されど〇〇なんです。

原因不明

 

それは、カゼです。

 

カゼが完全に治っていないで、それが原因の症状の方が結構多いんです。

 

確かに、カゼ薬飲んで治りました。とお答えされるのは承知です。

 

そこで、質問したいのですが、どれくらいで治りましたか?といことです。

 

カゼ気味かなと思ってから、一週間くらいですか?1~2日ですか?

 

薬を服用して、1~2日で改善したという人は、少ない方のような気がします。

 

一週間過ぎても、多少の咳があったりとかはあるとはあると思います、

 

それって、実はカゼに対して劣勢に立っていると思うのです。

 

人間の身体というのは、抵抗力というのを備えています。

 

例え、風邪(風邪)が入ってきても、それを追い出す力というのは、1~2日くらいだと思うんです。

 

それは、寝汗をかいてもらうことなんです。

 

ですが、薬はそうではないんですね。逆なんです。風邪ウイルスを外には出さないんです。中に閉じ込めてるんです。

 

鼻水や咳などを抑えつつ、体内に入った風邪ウイルスを体内で大人しくしていろと命令するようなものです。

 

当然、風邪ウイルスは体内に入ったのですから、悪さはしますよね。とりあえず、注意はされたけど、細かい所まで指摘されないだろうと侵攻していくんですね。

 

結構、カゼの後遺症と診られるものが多いです。

 

このカゼは、侮るなかれ。昔の書物または、昭和初期世代の人は、「中気」という言葉を知っていると思います。

この「中気」っていうのは、現代でいう脳血管障害ですね。

 

風邪が侵入してきた侵入度によって、「感冒」「傷風」「中風」に昔の人は分けていました。

 

その中の「中風」が、「中気」にあたるのです。

 

原因がカゼによるだろうなぁということが、最近感じます。

 

当然、治療は、カゼの時と同様の治療で行います。このカゼを取ってしまえば、症状は改善されるんですね。

 

治療を受けられた方は、症状が改善された時に感じたのは、「何かが取れたような感じがする!」とおっしゃられています。

 

「風邪は万病のもと」と言われますが、まさしくそれを実感した最近の臨床現場でした。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)