癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

ストレートネックって?

肩や首がこって、頭痛もあるんです。という方の半分以上は「ストレートネック」になっています。

ストレートネック

 

病院で、ストレートネックと診断された方もいると思いますが、ほとんどは病院へ行かずに放置されている方がほとんどです。

 

ストレートネックとは、首の骨(頸椎)が本来ならば、緩やかなS字カーブを描いていますが、首を前の方に向けた姿勢を長時間続けたことによって、骨がS字カーブを失われ、骨が真っすぐになってしまう状態です。

例えば、腰が痛んんです、頭痛があるんです、手がしびれるんですなどを訴えれる方のお身体を診ると、ストレートネックになっている方が多いです。

 

問診でいきなり、「ストレートネックですね。」と伝えると、どうしたら良いのか心配になると思っておりますので、やんわりと、

 

「お仕事はデスクワークですか?」とか「スマホやパソコンを見る時間は多いですか?」

 

とお聞きしています。

 

ストレートネックになっている首は、筋肉が緊張している状態で起きているのです。

 

骨が真っすぐになってしまったのではなくて、筋肉が緊張して縮んでしまい、首の骨が筋肉に引っ張られてカーブが失われているのです。

 

原因は、

不良姿勢(パソコン作業・スマホによる)

不良姿勢は、現代特に顕著になっていると思われます。

デスクワークが多くなった現代は、書類の字は小さく、パソコン作業も顔は前向きになります。それが長時間続くと不良姿勢になってしまいます。

最近は、スマホも普及し、スマホもまた不良姿勢の原因になっています。

 

 

リュックサックなど荷物を持った場合

リュックサックやランドセル、子供をおんぶしている時というのは、重心が下の方(お尻)にかかります。

そのために、バランスを保つためには、頭を前方へ倒されなければなりません。

この時に、肩は前方内側へ向きます(巻き肩)。腕も内旋し、手の甲も前の方を向いてしまいます。

こういう状態がバランスを保つために最も適した状態になるのです。

 

 

加齢や老化によるもの

加齢によって、首の骨と骨との間にある円板状の軟骨が変性することになるものです。頸椎椎間板症や頚椎症などが発症して起こります。

 

 

外部からの衝撃などによるもの

一番分かりやすいのは、むち打ちですね。車の衝突事故や転倒事故ですね。

その他としては、ボクシングなどの格闘技での首などへの衝撃、バレエやダンスによる姿勢矯正ですね。

 

 

ストレートネックというと、ほとんどの場合は、不良姿勢によるものが大きいです。

 

さらに、猫背というものも伴っているんです。

 

ストレートネックがどうかの判断

頭が前方に向いていることは、横から見ると分かります。

正常な場合というのは、肩のラインと耳の前が一直線上に並ぶのが正常な位置です。

頭が前方に向いているというのは、肩のラインより耳のラインが前に出ている状態です。

頭部前方変位

 

一人では見づらいので、他の人に見てもらうのが良いでしょう。

 

 

次回は、対策法をお伝えします。

 

新潟市万代にある鍼灸院  はり・きゅう・小児はり 癒絡堂(ゆうらくどう)

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)