癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

ストレートネックって? 続き

 

前回は、ストレートネックについての原因についてお話しました。

ストレートネック対策

 

今回は、ストレートネックの対策、治療についてお話します。

 

まず、ストレートネックの症状についてですが、

肩がこる、首が痛い、首が動かない、頭痛がある、手のしびれがある、めまいがある、寝違いが頻繁にある、枕が合わない

などがあります。

 

症状が出ている場合もありますが、ストレートネックになっているのに、無症状の場合もあります

 

対策

ストレートネックと診断された方、またはされていない方は、最初に浮かぶのはマッサージでほぐそうと思うでしょう。

 

整形外科では、
理学療法
薬物療法
電気治療
牽引治療
などを行います。

 

ですので、マッサージを受けるというのは、正解でもあります。

 

しかしです。

 

首をガッツリ揉んでも駄目なのです

 

以前、首についてのブログを書いていますので、こちらもご覧ください。

 

首がこっているからって叩いたりしてません?

 

ストレートネックになっている人は、猫背も伴っていることが多いのです。

 

猫背になるということは、肩は巻き肩になっているんです

 

ですので、首だけを揉んだ所で一時的には緩みますが、猫背や巻き肩も改善しない限り、首の筋肉は緊張します。

 

実は、私も猫背なんですが、今までマッサージを受けた感じでは、猫背や巻き肩に対するアプローチしていた方は、残念ながら誰もいませんでした。

 

ここ硬いね、と言いながら、グリグリと。

 

案の定、揉み返しどころじゃなくて、脱力感で動くのもやっとという状態でした。

 

つまり、体全体からアプローチすることによって、首の筋肉の緊張を緩和することが出来て、ストレートネックの改善につながるんです。

 

マッサージをしていた時は、首のこっている方には、あまり揉みませんでした。その方が緊張が緩むんです。色々な所からアプローチしていければ緩むんです。

 

 

鍼灸も同様です。

当院では、局所にはあまりしません。身体全体のバランスを整えることをします。

マッサージの場合と少し違いますが、腰を中心に診ます。

腰からアプローチすることによって、肩・首は緩んできます。

これは、東洋医学の特徴である「陰陽虚実(いんようきょじつ)」という整えるのです。

首・肩がこるというのは、上の方の気が停滞しているということので、気の流れをよくしてあげなければなりません。

一方、下の方の腰や足は、気が少なくっています。

ですので、上にある気を下の方へ流してあげるというのが、身体のバランスを整えるということなのです。

もちろん、上の方(首・肩)もします。それでも他の治療院に比べたら、鍼数は少ないです。

ですが、患者さんは気持が良いと言われます。これは、緩むポイントにアプローチをしているからなのです。

 

 

最後におススメの商品を紹介します。
当院でも、この商品を使っています。ただ、ストレートネック用に使っているのではなくて、ちょうどいい枕だから使用しているだけなのです。

この蒲鉾型の枕がちょうど首にフィットするんですね。

この枕、すごく人気があり、商品を注文しても配達までに少し時間がかかるくらいなんです。

当院では、ご購入したいという方には、こちらで注文を受け賜っておりますが、お時間がかかることをご了承いただいております。

お値段は、3000円となっております。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)