癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

土用の丑の日には、ウナギを食べる。

新潟市中央区万代にある鍼灸院
はり・きゅう・小児はり 癒絡堂(ゆうらくどう)の
院長 佐藤です。

 

今日、7月20日は、

土用の丑の日」、

夏は2回ありますので、

7月20日は、

「一の丑」と呼びます。

 

 

そして、「二の丑」は、

8月1日になります。

うなぎ

 

 

よく勘違いされるのが、

「土用の丑の日」が、

「土曜の丑の日」と

間違えてる方もいられます。

 

 

土用」ですからね。

 

 

そもそも「土用」って何?

暦では、二十四節気で季節を分けています。

その中で、

立春・立夏・立秋・立冬と節気があります。

この4つの節気の直前の約18日間の

期間を「土用」と呼びます。

 

 

「丑の日」って?

昔の暦は、日にちというのを

「十二支(子・丑・辰・卯・巳・・・)」

で数えていました。

 

 

つまり、「丑の日」というのは、

「土用の期間のなかの丑の日」

の事を指しているのです。

 

 

つまり、

「土用の丑の日」というのは、

「季節の変わり目」といえるんです。

 

 

一般的には、

「土用の丑の日」というと、

夏のイメージが強くなっていますね。

 

 

この夏というイメージをさせたのが、

そう「鰻(うなぎ)屋」と言われています。

 

 

江戸時代に遡るんですね。

 

鰻屋さんが、

「夏に売上が落ちる」からと

蘭学者に相談したところ、

 

「本日丑の日」
土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし

 

 

という看板を立てたら大繁盛したことで

他の鰻屋さんも同様に真似たということです。

 

 

それ以降、夏の土用の丑の日には、

うなぎを食べる習慣が一般に広まりました。

 

 

現在、うなぎは非常に高騰しています。

その理由は、

シラスウナギの国内採捕量が

前年比で約4割減と、

不漁となっているためです。

 

 

ウナギは、ワシントン条約でも

輸出入の規制対象にも海外ではなっています。

 

 

日本でも、絶滅危惧されています。

 

けれど、一般にも広まった

「土用の丑の日」=「ウナギ」

というのは、無くしたくないですよね。

 

 

ウナギが絶滅しないよう

やはり消費量については考えないと

いけない時代になってきましたね。

 

元々は、暦が意味するのは、

季節の変わり目には気をつけようという

意味が含まれているので、

「旬の食材を食べて元気をつけよう」

という意味が含まれています。

 

 

ちなみに、

平安時代から室町時代にかけては、

小豆、ニンニク、水団(すいとん)

を食べていたと言われています。

 

 

丑の日の「う」で、

梅干と牛肉の冷たいうどんなんて

いかがですか?

 

 

梅干しの「う」

牛の「う」

うどんの「う」

と夏に食べると元気が付く食材と

良い所取りですね。

 

 

是非、作ってみてはいかがでしょうか。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)