癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

突発性難聴に、鍼灸は有効か?

新潟市万代の鍼灸院

はり・きゅう・小児はり 

癒絡堂(ゆうらくどう)

院長の佐藤です。

 

今回は、突発性難聴についてお話したいと思います。

突発性難聴

 

最初にお伝えしておきます。

 

病院で治らないといわれたり、諦めなさいと言われたても、

 

鍼灸では、10%~20%の人は、

 

治すことが出来るんです。

 

現代医学では治せないものでも、

 

鍼灸では治せるものがあるんです。

 

 

先日、このような相談がありました。

 

「先生の所で、突発性難聴は治りますか?

 

他の鍼灸院通ったけど、全く効果がないし、

 

病院でもあまり効果がないので、

 

検索してたら、先生の所が出てきて、

 

やってもらいたんですが、

 

一回で治りますか?」

 

 

内心、非常に困りました。

 

検索して、当院のHPを見てくださったのは、

 

ありがたいのですが、

 

一回で効果があるような文面は一切ないと思うんです。

 

 

突発性難聴に関して言えば、

 

鍼灸でも効果は非常にあります。

 

但しです。

 

西洋医学では、一括りにしてるかもしれませんが、

 

東洋医学といいますか、

 

当院では、何種類かに分けています。

 

その中で、治るのは一種類なんですね。

 

一種類というか、もう二種類くらいありますが、

 

こっちのほうは、耳鳴りとかの症状に似ているんです。

 

難しい言葉でいうと、

 

「虚労」と「労倦」は、治ります。

 

他は治らない。

 

 

ですので、ご相談の時点では、

 

どれくらいで治るとか、

 

完全に治るとか、

 

ということについてお答えすることは出来ないんです。

 

 

情報が少ないですし、

 

ましてやステロイドを使用している場合なんか、

 

そう短期間で効果は出てきません。

 

(私の治療技術が未熟という言い訳かもしれませんが)

 

 

このように、その時は対応しました。

 

「詳しい状況が分からないので、

 

お答えしにくいこともありますが、

 

突発性難聴でお悩みの方もお見えになられていますが、

 

個人差がありますので、

 

回数をお答えすることは出来かねますが、

 

やはり一回で治るということは難しいと思われます。

 

当院では、突発性難聴で来院されている方には、

 

できるだけ間隔を空けずに複数回ご来院を促しております。

 

これは、患者様の体質に沿ってじっくり取り組むことで、

 

症状は快方へ向かいますので、多少の期間をいただく感じになります。

 

ご相談に応えられず、申し訳ございません。」

 

 

ちょっと考えさせてから、ご予約しますと、

 

おっしゃっていましたが、その後連絡はありませんでした。

 

 

西洋医学では、突発性難聴とは、

 

突発的に起きる原因不明の急性感音難聴のことをいいます。

 

その他の症状として、

 

めまいや耳鳴りがあります。

 

原因は、過度のストレスといわれています。

 

つまり、原因が解明されていないんです。

 

ウイルス感染、内耳循環障害説などが挙げられていますが、

 

定かではないんです。

 

 

突発性難聴の方に特徴的なのは、

 

強いストレスや長機関のストレスから来ていることが多いのですが、

 

実は大部分は、カゼの後遺症なのです。

 

つまり、風邪が完全に治りきっていないのです。

 

以前、耳鳴りの所でも書きましたが、

 

風邪が完全に治りきっていないで、

 

「風邪(ふうじゃ)」が悪さをしているのです。

 

 

先ほども言った、

 

「労倦」は、予後が良いんです。

 

「虚労」は、ある証なら、治ります。

 

それ以外の「虚労」は、時間がかかります。

 

ある証になるように、治療していき、

 

そして、「労倦」へと変化していければ、

 

症状は快方していきます。

 

治らない場合というのは、

 

「ある証」になっていかない場合は、

 

鍼灸でも難しいでしょう。

 

 

ただ単に、突発性難聴は、腎虚だ、肝虚だ

 

と言って、治療しても成果はあまり期待できません。

 

 

何度も申し上げていますが、

 

「風邪」の後遺症を治せれるんです。

 

突破性難聴、耳鳴りのお悩みの方には、

 

一度試して見てはいかがでしょう、

 

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)