癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

簡単に出来る肩こり解消法

新潟市万代の鍼灸院

 

はり・きゅう・小児はり 

 

癒絡堂(ゆうらくどう)

 

院長の佐藤です。

 

 

皆さんは、肩が凝ってしょうがない時って、

 

どういう対策をしていますが?

肩こり解消

猫の手の反対側についているゴルフボールで叩きますか?

 

グーにして、肩を叩きますか?

 

それとも、マッサージ屋さんに行って、

 

力強く揉んでもらいますか?

 

 

今回、お伝えするのは、全く逆の理論です。

 

そんなので、肩が楽にならないと思われて、信じない方はそれで良いと思います。

 

 

筋繊維を傷つけたり、筋肉を更に硬くしたり、血行が更にわるくなったりする方法がお好きな方もいらしゃるので、否定はしません。それ以上の事も申し上げることはないです。

 

 

どうやってやるんだろう?興味があるという方は、試してみてはいかがでしょうか。

 

上達すれば、かめはめ波を打てるかもしれません(笑)

 

 

方法は、簡単です。

 

たった手のひらを肩に乗せるだけ

 

なんです。

 

ただし、注意点があります。

 

この注意点が出来ていないと、ほとんど効果が現れません。

 

それは、手に力が入っていないことです。

 

 

これをやってみてくださいね!と私の手で実践させているのですが、

 

ほぼ出来ていません。

 

手というか、肩に力が入っているんです

 

ですので、肩の変化が診られません。

 

肩に力が入っていて、手に力が入っていると、

 

手で肩のコリとかハリの変化してくるのが分からないのです。

 

わからないということは、手のひらを置いた所は、

 

変化はしていないんです。

 

立っている時でも、座っている時でも出来るんですが、

 

一番のオススメがあります。

 

仰向けで寝ている時です。

 

片方ずつでもいいので、肩を軽く触ります。

 

そして、30秒そのまま触り続けます。

 

軽くですよ、本当に軽く。

 

それでも力が入るという方は、

 

触るか触らないかの所で留めてください。

 

30秒終わりましたら、肩や首を動かしてみたり、

 

さきほど凝ってた所を触ってみてください。

 

さっきより楽になっていませんか?

 

楽になっていたら、成功です。

 

これを続けていくと、ほぐれてくる感覚が分かってきます。

 

最初は、ほぐれる感覚が分かる所まで何度も繰り返ししましょう。

 

上達してきますと、ある一定方向がほぐれにくい感じがわかってきます。

 

そこで、ほぐれにくい方向へ手のひらを当てれば、

 

ほぐれにくい方向もほぐれるようになってきます。

 

このように、簡単にほぐれることが出来るんです。

 

中々気というものを感じるのは、非常に難しいですが、

 

身体には安全で、かつ簡単に出来る方法なのです。

 

是非、興味がありましたら、一度やってみてはいかがでしょうか。

 

 

私は、肩が凝った場合は、絶対叩いたりなどはしません。

 

 

自律神経は乱したくないし、筋繊維は傷つけたくないし、

 

脳梗塞などの脳血管障害の準備はしたくないので。

 

 

美容室での肩をも揉まれるのも叩かれるのも、

 

 

「すいません、しなくて良いです。」と言います。

 

 

といいますか、あれ、あん摩の手技です。

 

 

国家資格は持っているんですかね。

 

 

あん摩は、国家資格を持っている人のみ、許さる行為なんですが。

 

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)