癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

生理周期が順調になるには?2

新潟市万代の鍼灸院

 

はり・きゅう・小児はり 

 

癒絡堂(ゆうらくどう)

 

院長の佐藤です。

 

 

前回の続きになります。

 

前回の最後に、

 

東洋医学でも、一定のサイクルで妊娠への準備が行われていると考えられています。

 

新しい生命エネルギーを作るには、先ほど申しました「先天の原気」と「後天の原気」が必要になってきます。
と書いて終わりました。

 

 

東洋医学的に見た妊娠への準備ということですが、

 

「先天の原気」というのは、前回申し上げましたが、両親が生みだしてくれた生命エネルギーですね。

 

女性の方、つまりお母さんにとっての「先天の原気」になります。

 

お父さんの方の「先天の原気」は、性交により、精子が「卵管膨大部」の方へ向かい、「卵胞」と受精することにより、一つの「先天の原気」となります。

 

ただ、それだけでは妊娠は出来ません。

 

つまり、「受精卵」が育つ環境が必要になってきます。その環境を作るのが「後天の原気」になるのです。

 

ここで、東洋医学では「五臓六腑」の働きによって、身体は動いているとしています。

 

ここで出てきた「先天の原気」というのは、「腎」というところに宿っています。

 

一方、「後天の原気」というのは、「脾」の働きになります。

 

つまり、東洋医学的に「妊娠」というのは、腎と脾と任脉という力が合わさっているのです。月経も同じです。

 

月経周期で考えますと、

 

増殖期(卵胞期)から、「先天の原気」が宿っている「腎」は、活動し始めてきます。

 

排卵を経て、分泌期(黄体期)になりますと、「腎」は大分消耗されています。

 

増殖期から、子宮の子宮内膜は徐々に厚くなるとともに、「後天の原気」のエネルギーを使われています。

 

特に、黄体期には子宮内膜が妊娠に適した状態にならないといけないので、このころには「脾」も大分消耗されています。

 

「腎」が消耗されて、それに続いて「脾」も消耗されてしまい、生理が起こるのです。

 

生理が起きる前の状態のときは、「虚労寒湿」「気虚寒湿」なのです。

 

これが正常な生理前です。

 

つまり、生理が早めに来たり、遅く来たり、全く来ないなどという時は、こういう状態(「虚労寒湿」「気虚寒湿」)でない時なのです。

 

鍼をして、治療後に、こういう状態(「虚労寒湿」「気虚寒湿」)の脉状になれば、生理は起きてきます。

 

 

ですので、お腹がはる、食べ物をやたら食べるようになる、逆に食べなくなる、おっぱいがふくらんでくる、頭痛がある、ムカムカする等の時は、治療のするサインかもしれません。

 

 

ただし、一回でこういう状態(「虚労寒湿」「気虚寒湿」)の脉状になったからと言って、その後生理が定期的に来たり、生理痛が治まったりということはあまりないと思ってください。

 

なぜなら、月経周期が乱れる原因が緩和されない限り、元の状態に戻ってしまうということです。

 

例えば、下半身を冷やさないようにするとか、冷たい飲食物を摂らないとか、ストレスを溜めないなど、日常生活を見直すことによって、月経周期が安定していきますし、治療効果も早いと思っております。

 

 

2回にわたり、生理周期が安定するには?について、東洋医学的な見方で説明いたしました。

 

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

感謝いたします。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)