癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

首と肩がこって、重い感じがする

新潟市万代の鍼灸院

 

はり・きゅう・小児はり 

 

癒絡堂(ゆうらくどう)

 

院長の佐藤です。

 

 

パソコンのファイルを整理していましたら、昔のカルテがありましたので、ブログで公開してみます。

 

肩こりの症例です。

首肩こり

 

【症状】 肩と首が凝っていて、重い感じがあり、痛い。

 

 

【その他の症状】 体がだるい感じがする、

 

 

【治療】

初診  右肺虚肝実証

脉状  右 やや沈、やや遅、虚、滑  左 やや沈、やや遅、虚、滑

治療内容  本治法  太淵に補法。太衝に瀉法。後谿に補法。

      標治法  ナソ部の瀉的散鍼、ムノ部の補的散鍼。中脘・肺兪に補法。肩上部に知熱灸。

2回目 右肺虚肝実証

脉状  右 やや沈、やや遅、虚、滑  左 やや沈、やや遅、やや虚、滑

治療内容  前回と同様

コメント  前回の治療後は、身体のだるさ、首・肩の重さ・痛みが楽になったが、2,3日後には元に戻った感じ。
元に戻った感じだが、以前に比べると辛くはない。

 

3回目 右肺虚証

脉状  右 やや沈、やや遅、やや虚、滑  左 やや沈、やや遅、やや虚、滑

治療内容  太淵に補法。後谿に補法。

コメント  2,3日後には元に戻ってしまう。もっと楽な期間が欲しい。2,3日では短い。

 

 

4回目 右肺虚証

脉状  右 やや沈、やや遅、やや虚、滑  左 やや沈、やや遅、やや虚、滑

治療内容  太淵に補法。後谿に補法。

コメント  前回後、大分楽になった。前回言わなかったが、2,3日で戻ってしまうので、マッサージを受けてみた。強くしてもらったら、その後身体がだるくなった。

 

5回目 右肺虚証

脉状  右 やや浮、やや遅、やや虚、滑  左 やや浮、やや遅、やや虚、滑

治療内容  経渠に補法。陽谿に補法。

コメント  治療間隔を短くしたら、身体が非常に楽になった。生活習慣を見直したのもよかったのかもしれない。

 

 

メモ

治療間隔は、月1回では効果の成果は中々見いだせない。

 

特に、肩こりは色々な要因があり、肩だけ集中的に治療していくと、段々悪くなってくる。

 

本来、治療というのは、自然治癒力を高めてあげれば、患者様自身の身体が必然と症状を改善してくれる。

 

肩をやっている時間が多ければ多いほど、戻りも早いし、治癒の目途が立ちにくい。

 

今回の場合で言うなら、初回から摂生についてお話はしていたが、肩こりは肩にコリがあるからそれを取り除けばそれで良いんだという固定概念を持たれていて、中々症状は改善されなかった。

 

コリの原因は、消化しきれていない飲食物が停滞して起きているので、日常生活の摂生を行なえばコリは必然と消えていく。

 

消化しきれない飲食物が停滞することにより、当然気の流れも滞ってしまい、肩が凝ったり、ハリがあったり、重い感じするという症状が出てくるのである。

 

肩こりを治療するなら、一度で改善することを目標とせず、摂生と治療によって数回治療することにより、軽減および治癒していくことなる。

 

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)