癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

お腹をさするだけで、身体が楽になる?

新潟市万代の鍼灸院

 

はり・きゅう・小児はり 

 

癒絡堂(ゆうらくどう)

 

院長の佐藤です。

 

 

患者様に、セルフケアを教えてくださいとよく言われるのですが、

 

一般的なものしか教えていなかったのですが、

 

最近気付いたというか、

 

これ、結構スゴいんじゃないのかな?と思うものがありました。

 

 

 

よく聞かれるのは便秘になったら、

 

どのツボを押したらいいですか?とか、

 

お腹のマッサージとかありますか?というのが多いのですが。

 

 

ツボについては、実は教えていないんです。

 

押しても、出ませんからね。

 

お灸をしても必ず出るとは限りませんから。

 

 

お腹へのアプローチとして、

 

腸(小腸・大腸)を意識したマッサージは教えていました。

 

 

マッサージしていくと、腸が鳴るんですね。

 

 

キュルキュルっと(笑)。

 

 

鍼をしていても、鳴ります。

 

これって、気が通ったからなんです。

 

治療直後にトイレに駆け込む人もいます(笑)。

 

 

大腸の位置ですが、

腸

お腹の右側の下の方に盲腸があり、

 

その上に上行結腸があり、

 

上に上がったら今度は左側に向かう横行結腸があり、

 

お腹の左側に行ったら、今度は下に向かう下行結腸があり、

 

下には直腸へつながるS状結腸があります。

 

直腸は肛門へとつながります。

 

 

この小腸と大腸の位置をイメージしてマッサージを行うのですが、

 

おへその少し上あたりに手をあてて、

 

おへその少し下までさがり、

 

右側の方へ手を移動し、

 

上に向かい、

 

肋骨の下あたりまできたら、

 

そのまま左側の肋骨の方まで手を移動し、

 

左側の肋骨まで行ったら、

 

下の方へ手を移動します。

 

上前腸骨棘という骨が下腹部の外側に触れると思います。

 

そのあたりまでを一周として、

 

腸が動くまでマッサージします。

 

 

ポイントは、指を立てないことです。

 

立てると、痛いし、中々動きません。

 

 

この腹部マッサージをしている時でした。

 

腸が鳴るということが、患者様自身も聞こえるので、

 

便が出るような気持ちになっていただけると思います。

 

たまに、面白いことを言われる方がいたのでした。

 

「先生、お腹触っていただいているのですが、肩が楽になってきているような感じです。」とか、

 

「先生、腰のあたりが温かくなってきました。」など・・・

 

私は、「腸も血流が良くなって、全身に血流が回ってきているんでしょうね。」という感じで答えていたのですが。

 

これについて、何故という疑問を疑うことはなかったのです。

 

 

 

ですが、最近何気にネットを見ていましたら、

 

この腹部のマッサージの流れについて、似たようなやり方の手技があり、理論があるというのです。

 

興味があったので、拝見したのですが。

 

物理学とかよくわかりませんが、

 

地球上で住んでいる以上、

 

身体に起こる現象で、

 

それによって身体の不調が起きているということでした。

 

今までやっていた腹部のマッサージは、

 

腸だけへのアプローチではなかったのでした。

 

それを教えてくれていた患者様がいたということだったのです。

 

それを気付けなかったということになりますね。

 

 

 

この腹部のマッサージですが、便秘の方以外にも使えます。

 

私も実際、やってみました。

 

確かに、肩が楽になります。

 

当院のセルフケアに是非活用したいと思います。

 

痛み、病気、癌まで対応できるみたいですよ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)