癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

自分で出来るセルフケア~腰・股関節~

新潟市万代の鍼灸院

はり・きゅう・小児はり

癒絡堂(ゆうらくどう)

院長の佐藤です。

 

 

 

よく聞かれるのですが、「自分でやれることはありますか?」と。

 

つまり、セルフケアですよね。

 

例えば、

 

肩甲骨の動きが良くなるストレッチとかありますか?

 

腰痛に効くストレッチとかありますか?

 

などなど・・・

 

現在では、インターネットとか書籍とかで色々な情報が溢れています。

 

ストレッチなら、ユーチューブ見てください。とお伝えしています。

 

それは何故か?

 

ストレッチの目的は、筋を伸ばすということです。

 

筋肉が柔軟性を持つことは大切です。

 

しかし、なぜ筋肉が柔軟性を失ったのですか?

 

わかりやすく言いますと、

 

筋肉を被っている筋膜というのが「歪み」を生じているのです。

 

「歪み」というのは、

 

同じ姿勢だけで生じたわけではありません。

 

同じ姿勢というのは、一つの原因でしかありません。

 

その「歪み」というのを持続させているのが、

 

「寒湿」という邪ですね。

 

この「寒湿」の邪を停滞させないようにしなければいけないのです。

 

停滞させることにより、筋膜が歪んできて、

 

それによって筋肉・血管・神経を圧迫するのです。

 

分かりやすくいうと、

 

大事な書類を丸めた状態

 

です。

 

ぐちゃぐちゃではないですよ。

 

ぐちゃぐちゃだったら、

 

身体がだるいし、動きたくないという風に思ってしまいますから。

 

丸めた状態の書類の中に、

 

筋肉や血管や神経があると思ってください。

 

丸めた書類を伸ばせばいいのでは?と思うでしょう。

 

伸ばした時に、書類の文字は見えますか?ということです。

 

つまり、伸ばすにしても文字が見えるように伸ばしていかなければいけません。

 

当院では、その文字が見えるような状態にするためのセルフケアをお伝えしているのです。

 

それでは、今回は

 

「股関節周囲が楽になるセルフケア」

 

をお伝えします。

 

思いつくとは思いますが、

 

温める」というのは必須ですね。

 

まずは、「温める」ということについてです。

 

お風呂に入ることも良いと思います。

 

当院では、「サンドイッチ温」と呼んでいる温め方をお伝えしております。

 

サンドイッチ温」?

 

単なるダジャレです(笑)

 

「サンドイッチマン」さんに寄せただけです。

 

つまり、サンドイッチ状に温めるということです。

 

それはどこか?

 

骨盤の奥」です。

 

やり方は、

 

身体の後ろ側にある「仙骨」という所と、

 

身体の前側にある「恥骨」という所を

 

「カイロ」で温めます。

 

これは、不妊症の方や、PMSの方にはお伝えしていますが、

 

それ以外の腰痛などにもとても有効です。

 

もっと簡単にいつでもできる方法をお伝えします。

 

それは、

・・・

・・・

・・・

 

頭を撫でる

 

・・・

 

・・・

・・・

 

ということです。

 

頭を撫でる?

 

不思議ですよね。

 

私も不思議でした。

 

ある患者様の治療中に、

 

この部分に鍼をしている時に、

 

「先生、何か骨盤の奥の方が温かくなってきたような感じがします」

 

と言われ、気が動いたからですねと言っていたのですが、

 

自分でもやってみると、

 

確かに股関節周りに変化があったのです。

 

これをセルフケアとしてやってみようと考えていました。

 

やってみたのですが、やはりコツがありました。

 

叩いたり、強くしたりしては全く効果がないということです。

 

本当に撫でるだけで良いのです。

 

頭と身体というのは、リンクしているのかもしれません。

 

当然、頭に強い刺激を与えれば、身体にも強い刺激となって影響を与えるでしょう。

 

場所は、ココです。

 

*後ろ頭を触ると、出っ張りがあります。

それが、「外後頭隆起」です。

左右に横へ帯状に線があります。

 

 

是非、試してみてください。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)