癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

梅雨の時期に、効果的なアイテムとは・・・

新潟市万代の鍼灸院

はり・きゅう・小児はり

癒絡堂(ゆうらくどう)

院長の佐藤です。

 

 

 

梅雨の時期がやってきましたね。

 

今年も空梅雨のような感じですね。

 

気温も上昇して、ジメジメした日が続きますね。

梅雨

 

湿気対策はされていますか?

 

除湿器やエアコンのドライを使われていますか?

 

どちらも対策としては有効ですよね。

 

確かに有効です。

 

ですが、例えばエアコンのドライにした時に、寒いと感じたことはありませんか?

 

除湿器を使っているけど、部屋の温度が上がってたという経験はありませんか?

 

 

 

現在は、住宅事情も快適になり、より湿気と上手く対応していかなければ時代になりました。

 

ちなみに、私が小さいときは、エアコンもないし、除湿器もありませんでした。

 

ですが、現在のような湿気を感じませんでした。

 

温暖化になったとかもあると思いますが、簡単にいえば湿度がより溜まりやすくなったということなのです。

 

昔の住宅といえば、窓がいっぱいありましたよね。

 

窓全部を開けていると、湿気が緩和されます。

 

これはどういうことかというと、

 

湿」という性質を考えないといけません。

 

湿」というのは、水分をふくんで湿りを帯びるとあります。

 

つまり、「湿」というのは停滞するのです。

 

同様に停滞するのは、「冷気」ですね。

 

東洋医学では、「」に分類されますが。

 

あと、「」ですね。

 

分かりやすく言いますと、

 

」は、上部

冷気」は、下部

湿」は、両方

 

に溜まりやすいということです。

 

なぜ、昔の住宅だと湿気が緩和されるのかと言いますと、

 

」です。

 

自然界では、常に「」が吹いています。

 

人が感じることができないくらいの「」もあります。

 

この「」が循環させているのです。

 

昔の住宅は、窓がいっぱいあったということは、

 

窓を全部開ければ、この「風」が流れるわけです。

 

当然デメリットもあります。

 

現在は、気密性の高い住宅になりましたが、

 

昔は隙間がありましたよね。窓のガラスとか、廊下の板とか。引き戸とか。

 

小学校もそうでした。現在は廃校になりましたが。

 

冬になると、冷たい風が入ってきたり、寒かったですよね。

 

 

この「」が「湿気」を循環させることによって、

 

 

湿度」を軽減させるのです。

 

 

現在の住宅は、気密性が高いと言いましたが、昔に比べ窓の数が少ないですよね。

 

つまり、窓を全部開けても「風」の流れというのは、昔のような流れが期待できないのです。

 

外から「風」が入ってきても、家の中から出る場所がないといけません。

 

そこで、活躍するのがあるのです。

 

扇風機

扇風機

 

です。

 

エアコンの「ドライ」というのは、「湿度」の水分を取る役目です。

 

「湿度」が下がるということは、部屋の温度を下げることによって、

 

空気中の水分は水滴となります。

 

その水滴を室外機から外へ出しているのです。

 

「ドライ」をずっとしていると「寒い」と感じませんか?

 

そうです。つまり、空気中の水分を摂りすぎてしまっているのです。

 

その時に活躍するのが、

 

扇風機

 

なんです。

 

扇風機」は、エアコンのように、温度を下げて水分を生み出すとかはしません。

 

単純に、風を起こしているんです。

 

風を起こすことによって、「湿気」をかき混ぜているのです。

 

脱衣場にも、扇風機を置いて方もいらっしゃいます。

 

脱衣場は、「湿気」がこもりますからね。

 

カビが発生しますので。

 

効果的な活用法ですね。

 

 

エアコンに比べると、「扇風機」の方が電気代も安いですし、

 

適度な湿度を保つには、とても良い商品です。

 

 

扇風機」を是非、有効活用してみてください。

 

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)