癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

自殺する前に・・・

新潟市万代の鍼灸院

はり・きゅう・小児はり

癒絡堂(ゆうらくどう)

院長の佐藤です。

 

 

 

 

9月10~16日って、どんな日がお判りでしょうか。

 

 

厚生労働省では、

 

 

自殺対策基本法により、

 

9月10日~16日までを

 

自殺予防週間

 

と定めて、

 

地方公共団体、関係団体などとも連携して、

 

「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現に向けて、相談事業や啓発活動を行う週間となっています。

 

 

新潟県では、

 

平成29年の状況は、

 

自殺者数435人、

 

自殺死亡率(人口10万人あたり)19.3

 

と、

 

全国平均16.4を上回る結果となっております。

 

つまり、新潟県ではワースト上位にあるということになります。

 

自殺する方の理由は、色々あると思います。

 

身近でも、自殺で亡くなっている方もいます。

 

自殺をしないまでも、考えている人も含めると、大人数となるでしょう。

 

その中で、

 

大半の人が抱えているのが、

 

「うつ」

 

です。

 

ただ、「うつ」への偏見というものがあるのも現実です。

 

ただ意志が弱いだけでしょう?

 

ただ怠けてるだけしょう?

 

等々・・・

 

それって、エビデンスありますか?

 

勝手な予測で物事を言っているだけなのです。

 

 

「うつ」という病気を理解している方は、

 

こんな差別的な言葉を発することはありません。

 

 

この言葉自体、暴力にあたります。

 

 

 

うつがどうして起こるのかは、まだ十分に解明されていませんが、

 

心理的ストレス

 

脳内変化

 

体質

 

の3つが重なって引き起こされると最近では考えられています。

 

 

生活上の問題(過労、対人トラブルなど)からくるストレスで、

 

 

これがきっかけとなって、

 

 

脳の働きのバランスが崩れ、

 

 

うつが発症されるという考え方です。

 

 

脳は、色々な情報を伝達している場所ですが、

 

 

その中に「感情」というものがあります。

 

 

この「感情」へ、ストレスが加わることにより、歪みが生じてくるのです。

 

 

 

 

人だけではなく、動物全てですが、

 

十人十色です。

 

 

人それぞれ個性というものがあります。

 

 

何となく、似ている人がいたとしても、全て似ているわけではないですよね。

 

 

よく、血液型が人を分類している人がいます。

 

 

血液型で言えば、

 

A、B、O、ABの4つですよね。

 

70億人を4つで分類するんですか。

 

 

星座も一緒ですよね。

 

 

確かに、大雑把に分類はできます。

 

しかし、細かくは分類はできないですよね。

 

 

 

次回は、もう少し深く話していきたいと思います。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)