癒絡堂ブログ『ちょっとためになる臨床こぼれ話』

免疫力を高めましょう

新潟市万代の鍼灸院

 

 

はり・きゅう・小児はり

 

 

癒絡堂(ゆうらくどう)

 

 

院長の佐藤です。

 

 

 

 

今テレビを付ければ、

 

コロナ、コロナばかりです。

 

 

トイレットペーパーが無くなるとか、ティッシュペーパーが無くなるとかのデマで、

 

ドラッグストアやスーパーから商品が無くなるということまで起きていますね。

 

 

それについて、今回はお話するのではありません。それについて話したら、炎上してしまいますから。

 

 

今回は、免疫力をあげましょうということです。

 

コロナだから、免疫力をあげましょうを取り上げるのではなくて、

 

花粉症の時期が来たからです。

 

それだけでなく、風邪全般にも言えることです。

 

 

『風邪は万病のもと』とよく言いますが、この言葉を一体理解している人はいるのでしょうか?
私が思うには、あまりいないと思います。

 

風邪なんか、風邪薬飲めば治るとか、ほっておいても治るとか、インフルはワクチン打てばかからないとか、誰が言ったんでしょうかね。

 

お医者さんは、こんな事は言わないですよ。

 

 

勝手な解釈が世に広まってしまっているのです。

 

ですので、免疫力をあげましょうということを言ってもピンと来ないんです。

 

 

たかが風邪、されど風邪なんです。

 

風邪症状が治まったように見えて、他の病に転化したり、既往症を更に悪化させることもあるのです。

 

 

今は一年中鼻グズグズしてる人や鼻声の人がとても多いですよね。

 

けど、風邪を引いてるという自覚がないんです。

 

免疫力が弱っているということにも気付いていないのです。

 

 

つまり、健康的な生活ができない社会なのです。

 

 

免疫力をあげることは風邪を引かないだけではなく、他の病気にもなることは少なくなるということです。

 

 

けれど、どうやって免疫力をあげて行ったらいいかがあまり言われていないんですよね。

 

 

免疫力をあげると言ったら、

 

腸内細菌

 

身体の新陳代謝

 

などがあげられます。

 

そのために、ヨーグルトを取り入れたり、運動したりとか。

 

 

 

確かに有効なのは事実なのですが。

 

最も重要なのがあるんです。

 

腸内細菌の活動を活発にさせることと、新陳代謝を促すためにやらないといけないことがあるのです。

 

 

言葉では表現しにくいのですが、当院の施術の最後にセルフケアでお伝えしております。

 

 

当院では、

 

腸の活性化

 

風通しのある身体

 

 

を目指して治療を行っております。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)