初めての方へ-鍼灸が初めての方でも安心して治療を受けていただけるように様々なご説明を丁寧にいたします

脉診流経絡治療とは

当院では、「脉診流経絡治療(みゃくしんりゅうけいらくちりょう)」という方法で治療します。

「脉診流経絡治療」とは、東洋医学の診断法(四診法)を用いて、身体全体の状態をとらえ、総合的に判断をして、根本から治療をしていく治療法です。

東洋医学の診断法(四診法)

望診:
姿勢や身体とお顔の色を観察します。
聞診:
声の質やにおいがあるかを観察します。
問診:
患者様の症状や生活習慣などについての情報を聞きます。
切診:
お腹と、手足のつやや、張りなどと、脈について診ます。

写真:脉診流経絡治療東洋医学は、四診法を使って診断していくのですが、どれかが欠けてもいけないですし、どれかを重視しても正しい診断にはなりません。

当院では、「脉診流経絡治療」を行っていますが、望診と聞診と問診と切診で得た情報と、脉(脈・みゃく)が現わしている情報との関係性について重点をおいて治療をしています。

はりをすることで、脉に変化が起きます。それを確認することで、患者様のお身体の変化を知ることができます。さらに患者様のお身体に合った治療を脉によって知ることができます。

細いはりで、脉を変化させ、身体の全体調整ができるのが、「脉診流経絡治療」なのです。

脉の捉え方や、はりの技術も繊細さを求められます。「東洋はり医学会」に所属し、毎月、技術向上と研究に努めています。

臓腑経絡説と脉診

東洋医学では、西洋医学と異なり、臓腑とはそれぞれの臓器のはたらきであったり、その臓器の変調によって表に現れる現象などを割り当てられたものです。人間の内臓を総称して、五臓六腑と言います。

五臓六腑のバランスが崩れてくると、その状態が経絡という道を通り、表に症状が出てきます。

五臓六腑

五臓:
肝・心・脾・肺・腎
六腑:
胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦

五行と五臓六腑

図:五行と五臓六腑五行とは、万物を木・火・土・金・水の5つの要素に分類する考え方です。自然界は全て五行によって構成されており、臓腑(五臓六腑)も五行から成り立っています。互いに生み出し(相生関係)、互いに抑制し合う(相剋関係)ことで、片方が高まりすぎず、抑制しすぎず、バランスを保って正常な機能を保っています。

脉診流経絡治療では、手首のところの脉に配当された五臓六腑の状態を観察して診断します。

図:脉診

東洋はり医学会

東洋はり医学会マーク東洋はり医学会は、50年以上にわたり脉診流経絡治療の鍼灸師を育成している学術団体です。現在、国内外に1,000名以上の会員がおり、真の実力ある鍼灸師を目指して毎月、東京本部及び各支部において技術向上のため講習会を開催しています。
東洋はり医学会 ホームページ