初めての方へ-鍼灸が初めての方でも安心して治療を受けていただけるように様々なご説明を丁寧にいたします

鍼灸治療が効くしくみ

「気」ってなぁに?

図:気・血・水東洋医学には、生体維持の要素として、「気・血・水」があり、この3つの要素が体内を循環することで健康が保たれるとされています。

「気」…元気、営気、衛気、宋気などといわれる生命エネルギーです。

私たちは常日頃、「病気」「元気」「勇気」という言葉を使っています。この言葉に共通するのは、気持ちですよね。気持ちを高めて、「病気に打ち勝つ」「元気が出る」「勇気を出す」ということになると思います。

その気持ちの部分の元になるのが、「気」なのです。

自然界にも存在します。「空気」「電気」など。人間は、空気を吸います。それは「気」というものを入れて、生命活動をしているということです。

「血」…血液・体液といわれる形を持って流れるものや循環作用です。

血は、形になっているので分かりやすいですが、ホルモンなども含まれます。東洋医学では、血液も含めた全身に栄養を送ったりなどの循環作用も含めて「血」なのです。

「水」…東洋医学では、「津液」といい、体温調整をしたり、皮膚に潤したり、汗や尿となって体外へ排出したり、骨や関節に潤いを与えるなどの体内の水分のことを言います。

汗や尿、リンパ液、骨髄液、鼻水や涙などが「水」に当てはまります。

「気」というものは、エネルギーでありますので、「血」「水」を活動させるにも「気」というのはかかせない存在になります。このバランスが崩れますと、色々な症状が現れてきます。

「気」にアプローチするはり・きゅう

どうして「気」にアプローチすると良いのかをわかりやすく説明します。

人間の身体には、「経絡」という高速道路のような道が12本あります。そこを「気」というトラックが常に「血」という物資を運ぶことで、「水」という消費するための労働が生まれます。12本の流れが上手く行ってる時には、当然経済状況が良い(つまり健康)というわけです。

しかし、トラックに何か不具合があれば、物資の量は減り、消費も停滞しています。他の高速道路にも当然のように影響が出てしまいます。物資の量が多くなりすぎたりなど経済状況には良くないことが起こってきます。

トラックの不具合で交通の妨げになった対策をしなければなりません。それがはりとお灸の治療なのです。

はりという作業員が、原因となっている道路の場所に行き、そこで補修作業をするわけです。それが「補法(ほほう)」と「瀉法(しゃほう)」という手技になります。「補法」は、トラックの修理やトラックの流入を促す役目を持っています。一方「瀉法」は、交通量の削減や不要物資の回収などの役目を持っています。

つまり、「血」「水」というものは、「気」というものが欠かせない存在なのです。「気」というものにアプローチをしてあげれば、必然的に「血」「水」も変化が起きてくるのです。

痛いところにはりやマッサージをしても、その時だけ気持ち良いというのは、この「気」というトラックにアプローチをしないで、「血」という物資の除去にアプローチをしているからなのです。余計な物資が無くなれば、一時的にその高速道路は、交通は良くなり消費も良くなるでしょう。しかし、根本の高速道路のトラックにアプローチしなければ、また経済状況が悪循環を起こしてしまいます。

脉診流経絡治療は、その根本の「気」というトラックにアプローチする治療法なのです。

なぜ、はりは効果があるの?

写真:はり治療はりの材質は、金・銀・ステンレスです。それぞれ電気が流れる材質です。言い換えれば、東洋医学でいう「気」というものが流れる、ということにもなると思います。

例えば、「頑張ってください!」という一言でも、握手をして言われるのと、お声だけでは、全然心に響くのは違ってきます。

はりというのは、ツボに当てて、「気」というものに応援してあげるための道具なのです。応援してもらえたから、「気」というものが活動的になって、人間本来が持っている自然治癒力が高まり、自分の力で病に打ち勝っていくというのがはり治療なのです。

「なんかちょっといいかも!」というのは、「気」というものが活動し始めたという証なのです。自然治癒力も高められつつあるのです。

どうしてお灸を使うの?

写真:お灸お灸は、患部に対して温熱刺激を与えることによって、血行を良くし、自然治癒力を高めるという伝統的な治療法です。

もぐさは、「よもぎ」の葉の裏にある「繊毛」という毛を集めて作られたものです。そのもぐさを燃焼させることで、よもぎの成分が身体に染み込んだり、嗅ぐことによって、体内に入り効果を現わします。

特に、女性特有のお悩みや、冷えの強い方などは、お灸による免疫力を高める効果がありますので、当院ではお灸を使用しております。

お灸って熱くはない?

お灸のイメージは、「熱い」というのが頭に浮かびます。最近は聞かれなくなりましたが、「灸を据える」など、子供のしつけなどに用いられた言葉により、「お灸は熱いもの」というイメージができてしまいました。お灸の一部には、火傷や膿が出るくらいまで行う方法もあります。実際に研究はされていませんが、火傷や膿が出るくらいまでの方が免疫力を高めるという事実は立証されていません。

当院では、リラックスするくらいのお灸の量が、自然治癒力を高めるのに最も適しているという考えのもとに行っています。