初めての方へ-鍼灸が初めての方でも安心して治療を受けていただけるように様々なご説明を丁寧にいたします

体質改善について

自然治癒力を高めるとどうなるの?

回復イメージ「肩こりがあるから、肩だけ治療をしてもらい楽になった。」ということはよくあると思います。しかし、すぐにまた肩こりになってしまう。これは、治療ではありません。リラクゼーションです。

治療というのは、肩こりなら、その原因を取り除いてあげることです。私たち治療家は、痛みなどをその場で軽減させることはできます。しかし、原因を取り除くことができるのは、患者様が持っている自然治癒力なのです。わかりやすく言うなら、冷えている人を温めてあげても、その場では治療家は「あげた!」だけなんです。それ以降、温かいという感覚を持続させるのは「患者様の身体」なのです。

この「患者様の身体」は、本来持っている自然治癒力が備わっていれば、すぐに回復できます。しかし、症状が長引いたり、慢性化しているものは、自然治癒力が弱くなっています。自分の力では力不足の状態になっています。

そこで、患者様の自然治癒力に手を差し伸べてあげるのです。それが経絡治療です。差し伸べてあげることによって、自然治癒力が高まっていき、症状の原因を自らの力によって撃退してくれるのです。

脉診流経絡治療が体質改善できるわけ

脉診流経絡治療は、全身治療です。これは、症状を訴えるところだけを治療する局所治療と違い、現在患者様の訴えている症状全てが、何が原因で発症しているのかということを突き止めていく治療法です。

その原因となっているものは、複雑な要因が複雑に絡み合っていることが多く、一回でその要因を取り除くことは不可能です。複雑に絡み合った要因を適切に解いていくことによって、原因を取り除くことができるのです。それが体質改善ということです。

人間の身体というものは、慢性になるにつれてその環境に順応しようとします。体質も環境に応じてしまいます。しかし、その体質は患者様の元々の体質とは違いますので、本来持っている体質に改善してあげるのが、健康を取り戻す最大の効果となります。

経絡治療という治療法で、現在の体質、患者様の本来持っている体質というものを把握して、体質を変えます。これは、東洋医学独特の四診法というものが、患者様の身体を隈なく診察できる方法であり、根本からアプローチできる経絡治療だからこそできる、体質改善方法になります。

東洋医学の診断法(四診法)

望診:
姿勢や身体とお顔の色を観察します。
聞診:
声の質やにおいがあるかを観察します。
問診:
患者様の症状や生活習慣などについての情報を聞きます。
切診:
お腹と、手足のつやや、張りなどと、脈について診ます。