初めての方へ-鍼灸が初めての方でも安心して治療を受けていただけるように様々なご説明を丁寧にいたします

こんな症状に

癒絡堂では、以下のような症状に対して、適応疾患として積極的に対応しております。

全身の不調・風邪のような症状・更年期障害などに

動悸、全身のだるさ、のぼせ、頭痛、立ちくらみ、めまい、腹痛、食欲がない、冷え性、下痢、便秘、頻尿、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、咳、アレルギーがある、更年期障害 等

耳に関するお悩みに

耳鳴りがする、耳が聞こえにくい(難聴)、耳が塞がる感じがする 等

睡眠に関するお悩みに

寝つきが悪い、途中で目が覚めてしまう、全く眠れない、朝早く起きてしまう、寝ても疲れが取れない 等

女性のお悩みに

生理痛、生理不順、つわり、逆子 等

お子さんのお悩みに

夜泣き、夜尿、疳の虫、チック 等

その他痛みの症状に

肩が痛い、首が痛い、腕が痛い、背中が痛い、腰が痛い、膝が痛い、力が入らない、捻挫、手足の痺れ等の整形外科疾患 等

治療の間隔について

鍼灸治療をすると、個人差はありますが、数時間~数日後に「なんとくいい感じがする」という反応が出ます。効果は数日または数週間です。

治療の間隔が短かければ短いほど、治療を重ねていくと持続時間が長くなり、身体は健康の方へ向かっていきます。ふと、症状が無くなっていることに気づきます。

自然治癒力は、薬などと違い即座に効果は出ません。緩やかに出てきます。それは根本へのアプローチを行い、健康な身体を取り戻すための大規模な取り組みと思ってください。

治療間隔は、個人差がありますので、大まかな指標として参照してください。

慢性症状の方

慢性的な症状は、長年の蓄積がありますので、治療の初めのころの効果は数日です。通常は週1回、週2回と定期的に治療することで症状の改善を目指していきます。症状の変化により間隔は伸びていきます。

急性症状の方

寝違いやぎっくり腰、風邪など急性と思われる症状の方は、間隔は短く治療を行います。症状が落ち着いてきたら、間隔を伸ばしていきます。

WHOの適応疾患

WHO(世界保健機構)では、鍼灸治療で効果がある疾患について発表しております。

運動器系疾患関節炎、リウマチ、頸肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
神経系疾患神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症、ノイローゼ、ヒステリー
消化器系疾患胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)、胆嚢炎、肝機能障害、肝炎、胃十二指腸潰瘍、痔疾
呼吸器疾患気管支炎、喘息、風邪および予防
循環器系疾患心臓神経症、動脈硬化症、高血圧低血圧症、動悸、息切れ
代謝内分泌系疾患バセドウ氏病、糖尿病、痛風、脚気、貧血生殖・泌尿器系疾患、膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、腎炎、前立腺肥大、陰萎
婦人科疾患更年期障害、乳腺炎、白帯下、生理痛、月経不順、冷え症、血の道、不妊
小児科疾患小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)、小児喘息、アレルギー性湿疹、耳下腺炎、夜尿症、虚弱体質の改善
眼科疾患眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい
耳鼻咽喉科疾患中耳炎、耳鳴、難聴、メニエル氏病、鼻出血、鼻炎、蓄膿(ちくのう)、咽喉頭炎、扁桃炎(へんとう炎)