バンダイ鍼灸センター:日本の鍼灸日本で

バンダイ鍼灸センター:日本での

鍼治療日本では1400年以上の鍼灸が行われています。地元の人々は、病気は体の不均衡によって引き起こされ、鍼治療は自然の調和を取り戻すのに役立つと信じていました。日本の鍼灸について知っておくべきことは次のとおりです。日本の鍼灸の

歴史

6世紀、中国の僧侶医師である千蘇は、鍼灸を含むさまざまな医療技術を日本にもたらしました。それ以来、日本は、中国との間で絶え間ない知識の流れを持って、この医療行為を長年にわたって発展させることを目指してきました。これらの2つの国は、この治療における彼らのスタイルと技術を改善するために協力しました。

これは、日本政府が日本の伝統医学の継続を禁止し、西洋医学の実践のみを許可した1800年代に変わりました。漢方薬の影響は何年も後に戻り、1930年代までに、鍼治療は、施術者が体内の生命力または気を使って治癒を提供する子午線治療から開発されました。

針のサイズ

日本の鍼治療は、中国の鍼治療とは対照的に、より小さくて鋭いゲージの針を使用します。専門家は、これが患者の皮膚へのより穏やかで痛みの少ない挿入を与えると信じています。日本の針の長さは約10-30mm、直径は16mmです。

、針の挿入方法は

が 日本での鍼治療は、同じ中国の実際にそのルーツを持っていた、それは日本がガイドチューブを開発していることだけで、1970年代にありました。通常、より長いまたはより細い鍼治療の針に使用されるこれらのチューブは、針を適切な位置に設定し、皮膚を貫通するようにガイドするのに役立ちます。この方法は、開業医の効率を高め、患者の痛みと不快感を最小限に抑えます。 

針の挿入深さ

日本の鍼治療は、皮膚を貫通せずに表面に留まるように特別に設計された接触針を使用しています。他のスタイルの鍼治療とは異なり、日本の鍼治療は主に皮膚の表面に焦点を当て、時には皮膚の下にわずかに焦点を当てます。彼らは、患者が治療を通してリラックスできるように、患者に最も穏やかなプロセスを与えるようにします。

日本の鍼灸の多くの施術者は、しばしば彼らの治療に灸を含みます。これは、針の挿入を進める前に、灸の円錐形が患者の皮膚の上で燃やされることを意味します。これらはヨモギ植物に由来し、プロセスが体に温かい感覚を加えるので、治療前に患者を落ち着かせるのに役立ちます。

治療の本質的な側面としてのハーブ

伝統的な中国医学(TCM)は、鍼治療にハーブを取り入れており、日本の鍼治療はこれに端を発していますが、日本人の施術者がハーブを使用することはめったにありません。代わりに、触診は患者の治療の準備に役立ちます。 

このプロセスでは、鍼灸師は指や手で体のどの部分を硬化させる必要があるかを感じます。これはもともと何年も前に盲目の鍼灸師によって実践され、針の挿入点について彼らが良い判断を下すのを助けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up